社員メッセージ

絵に描いたものを動かせる喜び。

技術部 機械設計課 係長

土野 真敬

HANO MASANORI

 勤務地にはこだわらず、機械設計が出来るメーカーを手当たり次第受け、空調設備の会社やエレベーターの会社など、いろいろな会社を受ける中で当社の説明会に参加しました。説明会では「社員の皆さんが楽しそうに仕事しているなあ」と思ったことと、社長の熱意が印象的で、ここでならやりがいを持って仕事が出来そうだと思い、入社を決めました。
 当社の仕事の魅力はやはり、絵を描いたら終わりではなく、考えて、絵を描いて、描いた絵が形になって、それを触ることが出来、自分で動かすことが出来るところが最大の魅力だと思います。一人一人の裁量が大きい分、「この部品を使った方がいいのではないかな」「この仕組みでいってみようか」などと自分で考えることが出来、その上で周りの設計メンバーと「こっちの方がいいんじゃない?」「こっちはこうしてみたらどう?」とワイワイ意見を交換し相談しながら進めていく光景は日常茶飯事。さらに、2Fにある我々技術部の下の1Fには製造部がありますので、部品一つ作るにも、製造メンバーからどんどん意見を貰って改良する機会も多くあります。またお客様との距離も近く直接話してやり取りすることができますので、技術者であるもののパソコンばかりではない毎日も、魅力の一つだと感じます。
 川副の特徴は、会社でのしばりはあまりなく積極的なアイディアは採用してもらえるところだと思います。実際会社全体で新しい機械の開発を進めていますので、自分もどんどん新しい機械開発に貢献していきたいと思っています。そしてもちろん今ある機械に対してはもっと勉強し、もっと機械を理解した自分になりたいと思っています。ぜひ今ある機械の発展と、新しい機械の開発を一緒に行いませんか?充実した技術者としての日々を約束します!ぜひ一度お越し下さい。

機械も電気も両方できる充実感がハンパない。

技術部 電気設計課

畑中 亮作

HATANAKA RYOSAKU

自分は理工学部機械工学科出身です。だから機械の設計ができる会社がよかったんですが、実はバイクが大好きで、第一希望はバイクメーカーでした。実際、大手のバイクメーカーから内定をもらえたのですが、好きなバイクに乗りたかったので川副を選びました(笑)。
皆さんも趣味と仕事は分けたほうがいいと思います。それともう一つ川副を選んだ理由は、仕事の枠にとらわれず、いろいろなことをさせてくれる会社ということだったからです。
設計だけではなく、お客さんとの打合せや最後の試運転など幅広く取り組むことができます。さらに自分は学生時代、ロボットの制御などにも取り組んでいたため、機械設計課なのに電気設計にも取り組み、電気設計課になってしまいました。現在は電気の仕事を中心に取り組んでいますが、配線を間違えてテストをして、機械から火が出たこともあります。電気を通した瞬間ボンという音と共に煙が上がった時はビックリしました。知識も経験もまだまだこれからですが、中には機械設計も電気設計も試運転もすべて自分で担当した機械もありました。その機械が実際に現場で動いた時は感動でした。
また今まで働いている中で一番うれしかったのはお客さんから再オーダーが来たことです。
再オーダーが来るということは、前の機械が評価されたということなのでさらにやる気がわいてきます。
さて最後にどんな人が川副に向いているかというと自分で何でも取り組んでやろうという貪欲な人だと思います。自分で前向きに努力していることを決してこの会社は止めません。
他社ではなかなか思い通りにはいきません。だからいろんなことに前向きに取り組んでいきたいという方、是非一緒に仕事しましょう!

大きな金額を動かすやりがい。

営業部

石田 将啓

ISHIDA MASAHIRO

 勤務地にはこだわらず、実家は福岡県で大学は宮崎県。大学を卒業するまではずっと九州で過ごしてきました。大学では電気の勉強をしており、研究室では太陽光や電気自動車の研究をしていましたので、関連のある仕事を勤務地にはこだわらず探していました。そんな中でたまたま当社の存在を知り、「なんとなく自動車に関係があるようだから」と説明会に参加をしました。そこで先輩社員を見て、直感で「なんだか良さそう!」と感じて選考に進んだのですが、選考で「電気自動車を作りたい」と言ったところ「そんなの作ってないよ!?」と言われてびっくり(笑)。それでも「良さそう!」と思った自分の直感を信じて「でもここで頑張りたいです!」と熱意を伝えました。それが伝わり内定をいただきました。今は営業として、お客様からの機械の問い合わせを受注に繋げていくことが私の仕事です。お客様は当然「これもしたい」「こんな機能も付けたい」と、ご希望は数多くお持ちです。ですが当然技術的にすべてを取り入れることは不可能なことも多く、何より金額的に折り合いがつかないことも多数発生するため、いかにお客様に納得してもらいつつ、技術のメンバーに「よし!やってやろう!」という仕様にまとめあげるか…その調整が難しいところです。ですが、当社のマシンは一台何千万~何億円ともなりますので、やはり受注が決まった時はそのような大きなお金を動かす仕事に寄与できて、非常に嬉しい瞬間ですね。
 九州を出る前は友人に「関西はガラが悪いから気を付けないと駄目だよ!」と言われて、私自身少し身構えていましたが、実際に暮らしてみるとまったくそんなことはなく、非常に暮らしやすくて拍子抜けしました(笑)。
今後はもっと若手で川副機械製作所を盛り上げていきたいと思っております。知識はゼロでしたが、一から教えてもらう環境は整っていますので入社して多くのことを学び、それは今私の財産となっています。この財産を今後も増やしていくことと入社してくる後輩に伝えることに注力していきたいです。

楽しくワイワイしている職場

製造部 加工課

小森 幹矩

KOMORI  MIKINORI

私がこの会社を知ったのは高校の担任の先生に勧めていただいたからです。会社案内や事業の内容に興味も持ち、機械メーカーであれば自分が学校で勉強してきたことがより活かせるのではないかと思い企業研究を進めました。実際に工場見学をさせて頂いた際に、働いている人が楽しそうに仕事をしている姿はかなり魅力的でした。入社後は社内研修として様々な部署を回りました。どの部署に行っても社員一人ひとりが自分の仕事に責任を持っていることを強く感じました。それに加え、楽しくワイワイ談笑している方々もいらっしゃったので、メリハリのある職場環境なのかなと思っていました。入社してもその印象は変わらず、やるときはやるし、息抜きをするときは息抜きができる環境で仕事ができているので気持ちよく働くことができています。
現在、加工課で金属部品の加工をしています。加工と一口で言っても、工程はさまざまで毎日違う仕事を依頼されるので覚えることは多いですが、とても充実した日々を送っています。失敗するときもありますが上司や先輩方が優しくフォローしてくださるのでどんどん挑戦していける環境です。

諦めず続ければ、きちんと評価をしてくれる会社

生産管理部

吉川 由佳

YOSHIKAWA YUKA

高校時代の私は、事務職といえばお客様からの電話対応やお店にご来店された方への接客業務、またPCを使った書類作成がメインの仕事だと思っていました。しかし当社の業務内容は幅広く資材の調達も任せてもらっています。資材調達とは自社製品の製造に必要な材料を仕入れる業務のことです。やるべき業務がたくさんあって大変な毎日ですが、営業や技術の方から「ありがとう。」と言われたときにはやりがいを感じます。それに加え、接客業務や書類作成も行うことがあるので、かなり多くの仕事を幅広くできています。また入社当時は覚えられなかったお客様の声や顔も、今ではバッチリ覚えていますので、世間話をする機会も増えました。はじめは、分からないことだらけで自分には向いていないかも・・・と落ち込む時がありましたが、諦めずに頑張った結果分かるようになっていきました。
高校を卒業して、何年かはたらいて結婚をし、出産を機に退職ということを思っていましたが、先輩にその話をしたときに「出来るだけ復帰してほしいな~」と言っていただきとても嬉しかったです。もっともっと必要とされる人間に成長し、縁の下の力持ちとしてプロフェッショナルを目指していきたいです。